炭素吸収量と蓄積量

樹木による炭素吸収量の目安は、森林1ha当たり1000本の立木があるとして、森林1ha当たり年間にスギ1~3炭素トン/ha広葉樹1炭素トン/ha 前後と推定されています。

また、炭素蓄積量は、31~35年間生きてきたスギ70kg/1本36~40年間生きてきたスギ82kg/1本程度で、年間に吸収する炭素量は立木1本につき2,4kg/1本年、と推定されています。

目次へ